電報と生花で祝う

電報はかつては緊急の連絡手段として広く用いられていましたが、今は特別な機会にメッセージを伝える手段として広く用いられています。もちろんメッセージそのものは電話やメールででも伝えることができますが、ひと手間かけたお祝いメッセージは、相手の印象にも残ることでしょう。電報と花というと、かつては台紙が押し花などで彩られていたイメージがありますが、現代ではメッセージに添えてさまざまな形の花を贈ることが可能になっています。

相手に負担を与えないよう、メンテナンスの手間を取らせないという点では、花や葉の水分を除いて染め直したプリザーブドフラワーを選ぶ手もありますが、新しい命のお祝いには、生きた花を贈るというのもいいですよね。電報によるメッセージに添えて贈れる生花の形としては、花束からアレンジメント、また風船の中にアレンジメントを入れたバルーンフラワーと呼ばれるものもあります。相手の喜ぶ顔を想像しながら選ぶのも楽しいものです。

厳密には「電報」を扱うことができるのはかつて電信電話会社だった通信会社に限られるのですが、電報に類似したメッセージサービスを行っている業者は多岐にわたっており、さまざまな形のプレゼントをメッセージと共に贈ることができます。大切な人の出産の知らせを聞いたら、お祝いの気持ちに添えて花を贈ってみませんか。ちなみに、フラワー電報サービス『répertoire』では、オリジナルメッセージを最大100文字を承っています。電報部分は防水加工しているのでメッセージがにじむことがないように工夫されています。フラワー電報をお考えの方はこちらも参考にしてみてください。

出産のお祝い

先にも述べましたが、無事に出産が終わるということは、相手にとっては生活が一変するということです。特に初めての出産の場合は、それ以前には想像しえなかった状況が次々と起こります。他のお祝いごとと同様に、出産祝いに「もの」を送ることも考えられますが、赤ちゃんに関するものは家族が準備していることが多く、相手の希望を聞くことのできる状況でない場合は贈るものを選ぶのは難しいことがあります。

また、地域により多少の違いはありますが、出産祝いに関しては、受け取った側が内祝いという形でお返しをするという習慣があるため、お祝いにあたっては、気持ちを伝えると同時に相手に負担を感じさせないことが重要になってきます。このように考えると、お祝いのメッセージに添えるプレゼントは、相手が便利に使える実用的なもの、あるいは大きく変わった生活の中でふと目に入った時に気持ちを和ませるようなものが適していると考えられます。

出産を終えた人をねぎらい、新しい生活に彩を添えてくれる贈り物の1つは、花ではないでしょうか。自分では必ずしも買わないという人にとっても、もらえると嬉しいものでもありますよね。以下ではお祝いの気持ちに添えて花を贈ることのできるサービスである「フラワー電報」についてご案内します。

人生の節目のお祝い事

人の一生の中で、節目となるできごとは実にたくさんあります。入園・入学や卒業など、成長の過程で迎え、親や周りの人たちに祝ってもらう節目もあれば、就職や結婚などのように大人になってから迎える節目もあります。そして、大人になるということは、祝ってもらう立場ばかりではなく誰かの特別な節目を祝う機会も多くなるということでもあります。

特別な機会を祝う相手は近しい家族に限らず、親戚、友人、仕事関係の相手など、社会的につながりのある範囲が広がるにつれて広がっていくものです。「お祝い」と一口に言っても、誰のどんなお祝いに対しても同じような形で気持ちを表すことができるわけではなく、お祝いごとの内容、また相手との関係によって祝い方を考えるということは、時に少々わずらわしいと感じられるかもしれませんが、人と付き合っていく上での醍醐味であるともいえます。

ここでは、大人になってからの大きな「お祝いごと」の1つである出産を取り上げます。この場合、祝う気持ちを伝える相手は生まれてきた子供というよりは大役を成し遂げて母親になった女性やその家族になるわけですが、実際に出産の知らせが来てから祝うべきことであると同時に、相手は生活が大きく変わるため、贈る側が相手の状況を必ずしも推測しきれないという出産特有の状況もあります。そんな中で、相手に喜んでもらえるお祝いはどのようにすればよいのでしょうか。ここでは、祝う気持ちの伝え方の例をご紹介します。