電報と生花で祝う

電報はかつては緊急の連絡手段として広く用いられていましたが、今は特別な機会にメッセージを伝える手段として広く用いられています。もちろんメッセージそのものは電話やメールででも伝えることができますが、ひと手間かけたお祝いメッセージは、相手の印象にも残ることでしょう。電報と花というと、かつては台紙が押し花などで彩られていたイメージがありますが、現代ではメッセージに添えてさまざまな形の花を贈ることが可能になっています。

相手に負担を与えないよう、メンテナンスの手間を取らせないという点では、花や葉の水分を除いて染め直したプリザーブドフラワーを選ぶ手もありますが、新しい命のお祝いには、生きた花を贈るというのもいいですよね。電報によるメッセージに添えて贈れる生花の形としては、花束からアレンジメント、また風船の中にアレンジメントを入れたバルーンフラワーと呼ばれるものもあります。相手の喜ぶ顔を想像しながら選ぶのも楽しいものです。

厳密には「電報」を扱うことができるのはかつて電信電話会社だった通信会社に限られるのですが、電報に類似したメッセージサービスを行っている業者は多岐にわたっており、さまざまな形のプレゼントをメッセージと共に贈ることができます。大切な人の出産の知らせを聞いたら、お祝いの気持ちに添えて花を贈ってみませんか。ちなみに、フラワー電報サービス『répertoire』では、オリジナルメッセージを最大100文字を承っています。電報部分は防水加工しているのでメッセージがにじむことがないように工夫されています。フラワー電報をお考えの方はこちらも参考にしてみてください。